星の源氏物語 体験談

MENU

あと100本抜いて欲しい「星の源氏物語」の姫

名古屋城夏祭りに出かけたら、ステージで「よさこいソーラン」を熱演しています。和風独特の化粧に、赤襦袢が見える衣装なんです。ちょっと興奮して、星グループの和風店「星の源氏物語」で遊んだ話です。

 

名古屋城夏祭り

夕涼みを兼ねて、名古屋城の夏祭りを見に行きました。名古屋テレビ塔から県庁を目指して進むと、石垣に囲まれた東門が見えてきます。城内には提灯が飾られ、特設ステージ周辺に屋台が建ち並んでいます。名物ヅケ串と生ビールを注文し、ステージ前に陣取りました。アップテンポの楽曲にあわせて始まったのは、全国で人気がある「よさこいソーラン」の舞踊団です。和風の化粧に、赤い長襦袢の見える衣装を着てますよ。ちょっと興奮して、帰りにヘルス「星の源氏物語」に立ち寄りました。
YOSAKOIソーラン祭り

 

ヘルス「星の源氏物語」の特徴とシステム

ヘルス「星の源氏物語」は、名古屋でも有名は和風スタイルのヘルスなんです。外観なら内装、そして人妻が長襦袢で迎えてくれます。20代の初々しい新妻と、色気を感じる30代の若妻がメインなんです。システムは、星グループ特有の入場料2,000円が掛かります。45分コース1,3000円で夜這コースもあります。JRセントラルタワーズの交差点を、東海道本線沿いに歩くと豪華な建物が見えてきます。

 

ベテランが良いけど40代でパス

格子戸を開け受付で料金を支払うと、二階の待合室に案内してくれます。待合室は広く、オシボリと飲み物を直ぐに持ってきました。他にお客がいないのに、パネリ写真は2枚しか見せてくれません。他の姫はプレイ中だそうです。新人さんとベテランさんで分かり易いですが、ベテランさんは40代なのでパス、お店に入って1週間の新人さんに決定です。ポポは会員登録してるので、1,000円割引になりました。

 

赤い長襦袢の下はノーパン・ノーブラ

店員さんの案内でエレベーターに乗り込み、5階で降りました。個室のドアを開けると、赤い長襦袢を着た姫が三つ指ついて挨拶です。金津園の高級ソープみたいな出迎えですよ。20代前半の素顔美人で、胸の谷間と生足が色っぽい新人さんです。フルアシストで裸になると、目の前で姫が後姿になりました。長襦袢を肩から脱いで、ハラリと落とせば真っ裸なんです。ノーパン・ノーブラとは知りませんでした。

 

立ったままの泡踊り

腕を組んでシャワールームに入ると、湯加減をみながら体を流してくれます。ボディーシャンプーを塗り、立ったままの「密着泡踊り」状態になりました。シャンプーを流してオッパイを揉みながら、ロングキスで完全勃起です。会話は少ないけど、初々しくて良い感じなんです。バスタオルで体を拭いたら、ベッドに移動してプレイ開始です。

 

新人さんはテクニック不足

ベッドでは、全身リップから生フェラとセオリー通りに進みます。乳首舐めしながらローションの手コキですが、新人さんは上下に動かすだけで物足りません。その内にオチンコが萎えてきて、新人さんが慌ててきました。責めさせて貰おうとしたら、受けは苦手だそうです。仕方なく手コキのまま、アダルト動画のクライマックスを思い浮かべて強制発射しちゃいました。

 

プレイ結果のご報告

姫はビジュアルもスタイルも抜群だけど、入店1週間のテクニック不足が難点です。手コキは上下するだけで無く、お客の興奮を高めながらプレイして欲しいと思います。後100本ぐらい抜いたら、テクニックが上達するかもしれません。頑張ってください。